HOME > 会社設立の豆知識 > 登録免許税とは

登録免許税とは

会社設立には、法務局で登記が必要になります。その登記の際に課されるのが登録免許税です。
不動産を相続して登記した際などにも課される税金ですが、その登記申請の内容によってかかる税率が変わってきます。会社設立登記申請の場合は、資本金に対して税率を掛けて計算します。税率は、1000分の7で、資本金にこれを乗じても15万円に満たない場合は、一律15万円になります。 
役員や資本金を変更したり、支店を出店した場合には、その都度登録免許税も課されます。

したがって、後から基盤となる資本金や役員を変更するとその度に課税されてしまいますので、最初の登記の際に将来のことも見据えて、何度も変更しなくても済むようにしておくことが大切です。 

会社設立に関するご相談は、横浜会社設立相談プラザへどうぞ!

  • 無料相談はこちら
  • サポート料金
  • 事務所案内
  • 事務所までの道のり

まずは、お気軽にお問合せください。

0120-772-489