HOME > 会社設立の豆知識 > 不正競争防止法

不正競争防止法

不正競争防止法とは、市場の公正な競争が期待できなくなることを防止するのが目的でつくられたものです。日本は、職業選択の自由、競業の自由が認められていますが、無制限な競業の自由を認めることは、他の営業者の自由を侵害し、一般消費者、ひいては市場経済の機能にも悪影響を及ぼすことになります。市場経済が正常に機能するためには、市場における競争が公正に行われる必要があります。

したがって、例えば、競争相手を不利な立場に追い込むうわさを流したり、商品の形態を模倣したり、競争相手の技術や情報を産業スパイによって取得したり、虚偽表示を行ったりするなどの不正・不法な行為が行われるようになると消費者は安心して商品を購入することができません。

会社設立に関するご相談は、横浜会社設立相談プラザへどうぞ!

  • 無料相談はこちら
  • サポート料金
  • 事務所案内
  • 事務所までの道のり

まずは、お気軽にお問合せください。

0120-772-489