HOME > 会社設立の豆知識 > 類似商号規制

類似商号規制とは

類似商号規制とは、同じ登記所管内で、同じ営業のために、すでに他人が登記した商号と同一または類似した商号(これを類似商号という)を使用できないという規制のことです。
かつては、商法において、同一市区町村内で同一事業目的である場合には商号登記を認めない規制(類似商号規制)がありましたが、会社法の施行時の商法改正に伴い廃止されました。これは、同一商号による不正競争に対しては、不正競争防止法で対応すれば十分とされたためです。 
したがって、会社設立にあたり、商号が決まったら、本店の所在地を管轄する登記所へ行って同じ市町村内で類似した商号が登記されていないかどうかを法務局で商号調査簿を閲覧して調べます。これを類似商号調査といいます。

会社設立に関するご相談は、横浜会社設立相談プラザへどうぞ!

  • 無料相談はこちら
  • サポート料金
  • 事務所案内
  • 事務所までの道のり

まずは、お気軽にお問合せください。

0120-772-489