HOME > 会社設立の豆知識 > 会社名の注意点

会社名をつける際の注意点

ここでは、会社名をつける際の注意点についてお話します。
会社名のことは、商号と言います。この商号が会社を表現しているといわれています。会社名を聞いただけで何をやっている会社なのかイメージできる会社もありますが、そうでない会社もありますね。
商号はとても大切ですので、一度目や耳にしたら忘れないような印象に残る商号を考えてみるといいでしょう。
また、あれこれ商号を悩むのも会社設立の楽しみの1つです。
注意点は
①商号中に必ず会社形態に合わせて株式会社、合同会社、合資会社のいずれか一つを含める
②商号は、ひらがな、カタカナ、漢字の他、ローマ字(大文字及び小文字)、アラビヤ数字(0123456789)の他、「&」(アンパサンド)、「’」(アポストロフィー)、「,」(コンマ)、「-」(ハイフン)、「.」(ピリオド)、「・」(中点)の符号のみ
③同一本店所在地における同一商号の禁止
④有名会社(例えばソニー等)と同じ商号は使えない
⑤○○銀行や○○信託は使えない。
ということです。

これらの注意点に気を付けながら、お気に入りの商号を考えましょう! 

会社設立に関するご相談は、横浜会社設立相談プラザへどうぞ!

  • 無料相談はこちら
  • サポート料金
  • 事務所案内
  • 事務所までの道のり

まずは、お気軽にお問合せください。

0120-772-489